曇り

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 07:41
ユメ小規模保育園です
1月16日?
曇り
おはようございます

今日も1日楽しみましょう!

本日の様子

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 20:18
ユメ小規模保育園です
本日の様子

曇り

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 07:23
ユメ小規模保育園です
1月15日?
曇り
おはようございます

今日も1日楽しみましょう!

成人式

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 00:55
ユメ小規模保育園です

日にちが変わりました。

昨日は、成人の日でした。

やはり、振袖良いですね。

着物、綺麗です。

華があります。


昔は、成人の日 1月15日でした。

そういえば、初めて、スーツを着たのが成人式でしたね。

あれから、30数年が経ちました。日が過ぎるの早いですね。

昨日、大学時代の友達(滋賀県)から30数年ぶりに電話がありました。その当時は、携帯電話ありません。

住所がわかっていたので、「104」で電話番号聞いたみたいです。懐かしいです。

この友達との思い出を浮かべていました。

マージャン教えてもらいましたね。

稲垣潤一の歌、よく歌っていましたね。

学生の時から彼女と付き合っていて、結婚しました。その当時、付き合っていること知りませんでした。こっそりしていました。真面目で、純粋な可愛い女性でした。そういえば、その彼女、保育士の短大に行っていました。今、保育士さんなんでしょうか?専業主婦さんでしょうか? この話は、電話で聞いていません。

この友達と昨日、携帯番号交換しましたので、時間が出来たら会うことになるでしょう。

もう、顔が変わってるかも知れませんね。30年以上会っていないのですから。

学生の時は、若さがありましたが、今が、自分にとりましては、幸せな時間です。一番いいです。若い時は、見えなかったことが、今は、見えるようになってきました。自分で言うのは、何ですか、成長しているからでしょう。苦労した経験が活かされます。今で終わりではありません、これからも成長していきます。

これからも、勉強していきます。

老若は、関係ありません。気持ちです!

だから、過去に振り返らず、今が一番いいのです。

今があるから。過去も変えれる。未来をつくれる。

今です!

冒険の共有

  • 2019.01.14 Monday
  • 22:52
ユメ小規模保育園です


先程、NHKで、故栗城史多さんの特集が終わりました。

放送前、栗城事務所も内容ばわからないと言われていました。


はじめの方の映像で、エベレストに向けて、テントを出て帰って来られました。

カメラの容量がないと、カメラマンに怒っていました。あんな姿を見たのは、はじめてでした。やはり、焦りとか、目に見えないものがあったのでしょう。結果論ですが、この精神状態が命を落とすことになったかも知れません。


テレビでも、花谷さんが言われていました。山の先輩

「山を見るのでなく 自分を見て登れ」

この言葉を、栗城史多さんは、常に言われていました。

最後のエベレスト挑戦は、これが出来ていなかったのではないでしょうか?


『否定の壁』この言葉も、よく使われていました。

テレビでもありましたが、SNSで誹謗中傷が多くありました。

私も、栗城史多さんと一緒に写真に写っていましたので、非難されたこともあります。

否定の壁のプレッシャーも今回のエベレスト挑戦であったかもしれませんね。

最後に小林マネージャーが言われていました。

ありのままの栗城史多でよかったと。

弱いところを見せないで、強いところを見てもらいたかったかも。本人は。

登山ルートも難しい方を選んでいます。


無理しないで、生きて帰って来て欲しかったです。昨年の11月24日高槻現代劇場の舞台に立って欲しかったです。

  • 2019.01.14 Monday
  • 14:22
記事をシェアします↓


おはようございます。


今朝も湯河原は、晴れています。しばらくは降らない様です。

が、今日も、健康的に暮らす(9)です。


 ワクチン:抗原・抗体・免疫です。

自然に體内に入って、作られる抗体。血管に直接入れて、作られる

抗体の違い。と、ワクチンの被害。と、考えられる症状について、


残留の量によって、これほど明白な結果を生む、ワクチンの毒。

それが致死量でなく、数パーセント残ると、體の中では、

以下の様な事が、起こる可能性があります。


 免疫系が混乱する。

?病原体が、ずっと血液内に残っている為、外に対する免疫力が、

 下がったままになる。(免疫力の低下)


?病原体が排出されずに、ずっと残っている事で、免疫の自己

 ・非自己の区別が混乱する。と、言う事は、他の病原体に

 感染した時、異物認識ができず、深部まで侵入され重症化

 する。(軽く済むなんて事はない)


?病原体が排出されずに、ずっと残っている事で、免疫の自己

 ・非自己の区別が混乱する。と、自分自身の細胞まで、非自己と

 間違って認識して、攻撃する。(自己免疫疾患)


?ワクチンの病原体を、培養するのに使用された、他種動物の

 組織の蛋白質が血液に残る。異種蛋白質の抗体が出来る。

 (アレルギー)


 有害物質・病原体による汚染。

?ウィルスや、毒素(ワクチンに含まれているもの)が、

 脳細胞、神経細胞に沈着する。と。毒素がその一点に影響を

 与え続ける結果、その部位の脳・神経細胞が冒される。

 と、脳炎、神経障害(癲癇、異常行動等)つまり、自閉症や、

 ADHDと、言われる症状等が、発症する。


?ウィルスや、毒素が、體細胞に付着し、遺伝子を変化させる。

 自分自身の細胞が、自分自身ではなくなる。免疫系から、

 非自己と認識され、攻撃される。(自己免疫疾患)


?ウィルスや、毒素が、體細胞に付着し、遺伝子を変化させる。

 変異を起こした細胞が増殖し、変異細胞の塊を形成する。

 (腫瘍、癌)


?異種の蛋白質は、食品として接種する分には、問題を起こさ

 ない。が、ワクチンでは、消化器官。と、言う、フィルターを

 通らず、直接血液に混合される為、免疫システムから、

 異物認定される。食物アレルギーの原因となる。と、劇症の

 アナフェラキシーショックを、起こす事もある。


こう言う、薬品を生後まもなくから、打ち続けていく。と、

言う事は、排毒の力が弱い、子どもにとっては、どんどん毒を

追加している事になり、そのリスクは、より大きくなるのでは、

ないでしょうか。(コピペ終わり)


じゃー、何でワクチンを、ですか。医療マフィアらの単なる

金儲けです。で、WHO・厚生労働省・製薬会社・医療機関らが、

マスメディア・御用学者・有名人等を使って、日常的に洗脳

しています。加えて、アジェンダ21にある通り、

現在75億人の人口を、5億人に減らす作戦が、進行中です。

ワクチンは、その一手段です。抗癌剤投与も、然りです。





おはようございます。


今朝の湯河原は、晴れています。明日もの様です。

が、今日も、健康的に暮らす(8)です。


 ワクチン:抗原・抗体・免疫です。

自然に體内に入って、作られる抗体。血管に直接入れて、作られる

抗体の違い。と、ワクチンの被害。と、考えられる症状について、


 ワクチン接種に伴う問題。

?他の病原体に対する、防御力が下がる。

 體調が悪い時は、接種出来ません。と、言われますよね。

 ワクチンによって、免疫力が低下するので、今罹っている、

 別の病氣は悪化する恐れが大きいし、生ワクチンだと、

 その病氣そのものに罹る可能性も高まります。


?自然免疫が起こっていれば、当然なされる病原体の排出が滞る。

 不自然な形で入ってきた病原体だから、排出システムは、

 ほとんど動かないまま、抗体生成の為、活動低下となって

 しまいます。つまり、抗体を作るまでは良いのです。が、

 毒物と組み合わさった病原体が、血液内に留まってしまいます。

 アジュバントの物質は、量によっては猛毒です。


 病原体は、不活化されている。とは言え、自分自身ではない、

 非自己の細胞です。とても健常な免疫機能であれば、抗体生成が

 終わると、攻撃系細胞が再び動き出して、これらを排出できます。

 しかし、既に免疫機能に狂いがある場合、排出できずに残り

 続ける事になってしまいます。これがワクチンの被害を、

 もたらしていくのでは、ないでしょうか。


以上は、ワクチンを単体で打つ場合の、抗体が作られる過程です。

が、現在の混合ワクチンの主流は、3〜5種混合です。

つまり、和多志たちは、自分の子どもに、この過程を、同時に、

何種も受けさせているのです。生体に備わっている免疫機能は、

入ってくる病原体に対して、1つずつ用意されているのではない

ので、混合による接種は、とても恐ろしい事だ。と、認識できます。


免疫は、生き物の事であるので、完全に異物を排出できる、

幾らかの個体から、何%と言う幅で、體内に残してしまう多くの

個体。まったく排出できない、僅かな個体があります。

まったく排出できない個体は、ごく早期に副反応が現れ、不運な

子は亡くなってしまうし、命はつながっても、重い後遺症を、

一生抱えていく事になります。(コピペ終わり)


隠蔽されていますが、諸々のワクチン接種によって、日本でも、

毎年多くの方々が、亡くなっています。


アメリカに、お住みの日本人で、その道の専門家は、

和多志の知る限りです。が、子宮頸癌ワクチン接種後の死亡例は、

アメリカや、オーストラリア、イギリス、インド、東南アジア

諸国などで、それぞれ報告されていて、2013年の時点で、

130人以上の少女が、接種後に死亡してます。が、いずれも、

ワクチンとの因果関係は、製薬会社によって、否定されております。


死ななくても、その他の副作用発現率は、インフルエンザワクチンと

比べて、十倍以上とも(あるいは、それ以上)推測されており、

実際世界的に見ても、接種が始まってから、数年間で、3万件だか

報告されているんだけど(実際はそれ以上だろうな)、ワクチン

との因果関係を、製薬会社は意地でも認めておりません。


WHOのバックにも、当然ながら、多国籍製薬企業の意向は、大きく

反映されておりまして、日本以外の他国で、副反応が認められて

いない。と、言う、WHOの意見を、信じる方が馬鹿でしょう。

と、あります。ワクチンを打っても、良い事は1つもありません。






体の免疫力

  • 2019.01.14 Monday
  • 11:23

記事をシェアします↓

(考えさせられます)


ワクチンについて 内海 聡先生

 

・あなたにもワクチン接種を拒否する権利があります。行使しましょう。

 

・公立学校の通学にワクチン接種は必須ではありません。

 

・ワクチンを接種しない子供が健康であるという親の証言は、インターネット上に何千件と見られます。

 

・ワクチン接種をするかしないかは、あなたと配偶者/パートナーが決めることです。

他の誰も知る必要はありません。

他の家族も、近所の人も、親戚も無関係です。

いきいきと健康であるためには、率先して新しいことを学ぶ必要があります

 

・安全な選択は、ワクチン接種をしないことです。

あなた自身や子供たちの健康をコントロールできるからです。

ワクチン接種によって何が起きるか、あなたにはコントロールできません。

 

・身長・体重を測ったり、注射を打つだけなら、小児科医は必要ありません。

自然療法師、小児向けカイロプラクター、東洋医学師、ホメオパシー医にかかることも考えてみましょう。

かかりつけが整骨医ならば、ワクチンを接種しないことにより理解があるかもしれません。


・赤ちゃんは強力な防衛機能を持って生まれてきます。

そうでなければ、生まれてすぐ死んでしまうでしょう。

膨大かつ複雑な免疫作用が、産声をあげた瞬間から働いています。

この免疫は有毒物質の注射によって阻まれることなく、自然に発動されるべきなのです。

 

・「ワクチンで予防できる病気」について学びましょう。

子供たちが感染するおそれがあるものはほとんどありませんし、かかったとしても、健康でワクチンを接種していない子は、長期にわたる免疫によって、ほぼ全員が無事に回復します。

健康は注射針からもたらされるものではありません。

 

・発熱の重要性について学びましょう。家庭でどのようにケアするか、どんな場合に医師の助けが必要かを知りましょう。ほとんどの熱は、適切なケアをすれば2〜3時間で自然にさがります。

 

・ワクチンを接種しても、その病気にかかる可能性があることを理解しましょう。

ワクチンは、期待される予防力を発揮しないかもしれないのです。

健康は注射針からもたらされるものではありません。

 

・健康のために重要なのは、適切な栄養、良質な水、十分な睡眠、運動の習慣と心の充足であることを知りましょう。

 

・ビタミンの基礎知識を学びましょう。

特に、ビタミンD3は重要です。

基本的なハーブやホメオパシーを使って健康を維持したり、ちょっとした病気に対処する方法を学びましょう。

 

・医師よりワクチンに詳しくなりましょう。

おそらく医師は、製薬会社や後援を受けたワクチンを推奨する書籍しか読んでいません。

 

・だから、健康に投資しましょう。体が資本です。



やはり、睡眠、食事、運動の基本的なことが大切なのですね。


栗城史多 成人の日

  • 2019.01.14 Monday
  • 09:56
ユメ小規模保育園です
1月14日?
成人の日

本日14日夜に、NHKで栗城史多のドキュメンタリー番組が放送されます。ぜひご覧ください。


NHKスペシャル

(NHK総合)

1月14日(月・祝)

21:00-21:50

「“冒険の共有” 栗城史多の見果てぬ夢」


http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190114



江戸時代 徳川幕府 将軍 いき

  • 2019.01.14 Monday
  • 00:31
先程、ブログを書いていました。

思い出したことがあります。


江戸時代

徳川幕府

どの、将軍か忘れましたが、幼少期の話です。

その将軍の教育係がおられました。

ある時、その将軍が小さい時、突然、いつもお世話になっている教育係の男性に水をかけました。

その水をかけられた教育係の男性は、大泣きをしました。周りも、この行動にびっくりされていました。

何故、泣いたのでしょうか?悔しかったのでしょうかと想像します。

実は、教育係の男性は、歳を取られていました。お年寄です。おもらしをしてしまったのです。このことに気づき、わざと水をかけたのです。イタズラをしたようにしたのです。

当時、こういうことをすれば、切腹でした。

いきですね。子どもながら、こういうことが出来るのは。

将軍がその場を離れる時に、その教育係の人に言ったようです。「明日も来るんだぞ」

また、その人が涙を流したようです。

切腹するなということを間接的に伝えたのです。

素晴らしい話ですね。

相手のことを良く、考えています。

その人から、しましたら一生命をかけて将軍に尽くすでしょう。

お金でない、本当の人との繋がりです。

素晴らしい将軍さまです。

人間性が溢れています。

こんな人間に、子どもたちもなってもらいたいですね。

温かく優しい!心を!

トイレのお話

  • 2019.01.13 Sunday
  • 23:56
昨日、あるお店に行きました。

ある方男性がトイレから出てきました。

その後、私がトイレに入りました。

回りが、びっちょびっちでした。

ひどい このようなこと見たことなかったです。オシッコが池のように溜まっていました。

まず、トイレペーパーで吸い取りました。

大量でしたので、横にこぼしたどころではありません。

時間かかりました。

私が掃除しないと、私がやったと思われるのも嫌でした。

汚れていたことは、店の人にも言いませんでした。

誰が汚したかわかりましたが。年配の男性です。何もなかったように、へらへら笑っていました。信じられません。


仕事が出来る男性は、トイレを綺麗に使うと言われています。

仕事の出来ない男性は、トイレを綺麗に使わない。今回みたいに、びちゃびちゃにする。

この行動でわかります。

自己中心か、人のことを考えるかの違いでしょう。

人間性というか、道徳、人としてでしょう。

こんな大人には、なりたくないです。

恥ですね。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

通山保育園ブログ

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

訪問者数

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM