朝日新聞 2013.3.14 体罰の線引き、通知 文科省

  • 2013.03.15 Friday
  • 02:39
 こんばんは。

昨日の朝日新聞朝刊の記事です。

体罰の線引き、通知 文科省

『文科省が示した例』

体罰

・殴る、ける、頬をつねる、頭を平手でたたく、ペンを投げて当てる
・長時間の正座や直立
・用便や食事を禁じる

懲戒

・居残り、宿題、掃除をさせて
・立ち歩きの多い子を叱って席につかせる
・部活の試合に試合に遅刻した子を試合に出さない

正当な行為

・他の子や教師に暴力をfるう子の体を押さえつける
・全校集会を妨げる子の腕を手で引っ張って移動させる


 このような記事が載っていました。

私も教師をしていましたので現場の立場がわかります。

体罰はいけないことです。

 しかし、懲戒のところでは納得が出来ません。

立ち歩いてる子を叱って席に座らせれないのですか?

おかしいと思います。

こんなことをしているので、学級崩壊や校内暴力が起きるのです。

文科省の方は、机上でのことしか考えていません。

荒れた中学校に1週間でも現場に行けばよくわかるのではないでしょうか。

現場を知らなすぎます。

 時間を守るとか社会のルールも教えないといけないのではないでしょうか?

部活の試合に遅刻したら出さないことは、本人の責任の問題ではないでしょうか。

これは、おそらく保護者が文句を言ってくるのでしょう。

親が子どもを駄目にしていることも気づいていないのです。

本当の愛情は、甘やかしではありません。

学校で甘やかすのことで、社会では通用しない人間になります。

会社からすれば、遅刻する人間や時間にルーズな人は必要ないのではないでしょうか。

学校教育の本質は何ですか?

このような今の文科省の考え方では、将来の日本がどのようになるか不安になります。

正しい教育をしなければいけないのではないでしょうか。

 私が教師をしているときでも生徒が、『教育委員会に訴える』『裁判をする』とか言った

生徒がいました。

このようなことを言うのは、親がこのようなことを言ってるのでしょう。それを聞いて、子

どもは育ちますので。

へんな人権で守られている感じがします。

 その当時、教育委員会に訴えるだったら訴えなさい。裁判するなら裁判したらいいでしょ

うと言い返していました。そんなことを気にしていましたら、本当の教育が出来ません。

 このような生徒が大人になればどうなるのでしようか?

 例えば、席を立ってる生徒に座りなさいと先生が注意したとします。

この行為が懲戒になることを知ってる生徒は、先生の言うことを聞きますか?

このような子が、教育委員会に訴えるとか裁判するとか言うのです。

先生もやっていけないでしょう。

 このような人間にならないために、ユメ保育園を開園したのです。

微力ながら、幼児期に正しい教育をしないと後で大変なことになります。

取り返しがつかないのです。

 躾、相手の思いやり、ルール、日本人の心など教えていかないといけないでしょう。

 


RSウイルス・ノロウイルス

  • 2012.12.25 Tuesday
  • 21:10
 朝日新聞より


RSウイルスの記事です


ノロウイルスの記事です。

赤ちゃんの名前トップ10

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 00:47
2012120500360000.jpg
赤ちゃんの名前トップ10
男の子
1蓮
2颯太
3大翔
4大和
5翔太

女の子
1結衣
2陽菜
3結菜
4結愛
5ひなた

明治安田生命調べ
12月4日朝日新聞朝刊に載っていました。

本園も、この中に入ってる名前があります。

橋下氏「いじめっ子転校させては」市教委に提案

  • 2012.08.09 Thursday
  • 02:09
 平成24年8月8日 朝日新聞朝刊



大阪市の橋下徹市長は7日、市教育委員会と意見交換会の席で、いじめ対策として「いじめ

た側の子どもは学校を移すという方針を打ち出してはどうか」と述べ、いじめの加害者となっ

た児童・生徒を転校させる権限を学校に与える制度を検討するよう要請した。・・・


 上記の記事が載っていました。

いじめは、1人だけでおこなっているとは限りません。複数でおこなう場合も多くあります。

また、直接手を出さなくても、取り巻きがいます。

 このような場合、何十人も関わっていましたら転校させるのでしょうか?

又、相手の受け入れる学校も嫌がるでしょう。

それは、いじめの問題が解決していないからです。

転校で切り離してもいじめが続く可能性があります。陰湿になり、いじめが大きくなる可能性

があります。

 その前に、先生が本気になりいじめられている児童・生徒を命がけで守る気持ちが必要で

す。

 いじめの『根っこ』が何なのか見つけ出さないといけません。

目に見える部分だけ処理しましても、解決しません。

いじめた側を転校させることは、目に見えた部分の処理だけです。

また、違う学校でいじめがおこります。

それよりも、何故いじめをしたのか、ひもを解いていく必要があります。

おそらく、幼児期までさかのぼります。

それは、本人も気づいていないでしょう。

※いじめの原因は必ず『根っこ』にあるのです。

この根っこの解決をすれば、いじめはなくなります。

根っこは、目には見えないところにあるのです。

 このようなことがわかるようになりましたのが、教師時代、いじめてる側、いじめられてい

る側の話を何回も聞いているからです。

 目に見えない、根っこが一番大事なことなのです!

そこに目を向けてもらいたいです。

そうすれば、答えが自然とでます。

いじめもなくなります。


新聞の記事になっています。

  • 2012.08.04 Saturday
  • 08:28
 
本日の大阪日日新聞に記載されています。

パパママ「1日先生」

  • 2012.07.14 Saturday
  • 00:36
 パパママ「1日先生」幼稚園で体験、保護者に好評

朝日新聞 朝刊 平成24年7月13日(金) 記載

虐待防止セミナー 毎日新聞

  • 2012.05.23 Wednesday
  • 21:39
  先日、上原陽子さんの記事が毎日新聞に記載されるとブログでご紹介しました。

他の事件等がありまして、延びていたようです。

 今日(5月23日)の毎日新聞朝刊に、記載されていました。




吹田市 保育所の選考 

  • 2012.05.20 Sunday
  • 16:47
こんにちは。


本日、朝日新聞朝刊に記載されていました。


 保育所関係の記事ですので、ブログにUPしました。

コメントはしませんが、みなさまは、どのように考えられるでしょうか?

天声人語 平成24年3月22日(木)朝日新聞朝刊

  • 2012.03.23 Friday
  • 01:07
  昨日の、朝日新聞朝刊、『天声人語』より。


平成24年3月22日 朝日新聞 朝刊 天声人語


 昨日の朝、知人からメールが来ました。

 朝日新聞、天声人語の記事からの話題でした。


朝は、新聞を読む暇がないので、いつも家に帰って読んでいます。

7時前後に保育園に着きます。

 ブログを書き、ユメ保育園FB、メールをチェックしています。

8時から約1時間、園児のお出迎えをしています。

そこから、現場仕事が始まります。最近は、急ぎの事務仕事をすることが増えています。


天声人語より↓

 関東や近畿、東海ではとうとう春一番が吹かずじまいだった。

立春から春分までに吹く南風で、気象庁が風速や気温で定義している。・・・


 春一番が吹かなかったのですね。

小型船舶1級の試験に、天気図の問題があります。このことについても、勉強しました。

自然がおかしくなっている感じがします。


 昨日の、朝刊・夕刊に目を通しました。

社会面では、虐待死求刑の1.5倍判決とありました。寝屋川市の事件です。

 今月の10日に、虐待の講演会、上原陽子さんにして頂きました。

新聞記事も身近な問題に感じられます。


おやすみなさい。

朝日新聞 働き方違っても平等に 保育所に入りたい! ネ鄙通知 「隠れ待機児童」含めた対策を

  • 2012.02.25 Saturday
  • 23:23
  本日、朝日新聞 朝刊より(平成24年2月25日(土))

 働き方違っても平等に 保育所に入りたい! ネ鄙通知

 「隠れ待機児童」含む対策を という見出しがついていました。


 自治体が費用を助成した一時保育を利用しながら認可保育所空きを待つケースは、待機児童

でないとみなされる。

厚労省は2008年の調査で、潜在的な認可保育所への需要は全国で約85万人と推計してい

る。同じ年の10月の待機児童数は約4万人だから、20倍以上のギャップがある。

こうした潜在需要をしっかり把握し、ニーズにこたえられる対策を立ててほしい。

(朝日新聞より)


 先日、ブログでも書きましたが、厚労省の待機児童数の算出と市町村の算出が違うのが、上

記のようなこともあるからです。

 ちなみに大阪では、大阪市、堺市、東大阪市、高槻市、茨木市が待機児童数が多い市です。



朝日新聞

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

通山保育園ブログ

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

訪問者数

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM