訃報 登山家 栗城史多 平成30年5月21日(月) 35歳

  • 2018.05.21 Monday
  • 19:55

高槻市ユメ小規模保育園です

 

【訃報】登山家 栗城史多 氏

(栗城事務所より)

栗城事務所の小林と申します。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

...

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

生きて帰ることを誓っておりましたのに、
このような結果になり大変申し訳ございません。

生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、
最後に執着してしまったのかもしれません。

皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

何m地点で発見されたかなど
これ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、
またわかり次第お知らせ申し上げます。

これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

栗城事務所  小林幸子

 

 今日の午後に、しもやんから電話がありました。

訃報と

誰が思いました

「栗城くん」と

えー

信じられませんでした。

ショックです

 

インターネットを検索します、死亡の記事が・・・

 

これでも信じられませんでしたので、マネージャーの携帯に電話しました。

電話には、出られませんでした。

こういう状況ですので。

暫くしますと、公式サイト、ブログに栗城事務所から、死亡したコメントがでました。

 

本当にショックです。

今朝、エベレスト挑戦7400mの所で、体調が悪くなったので下山しますとメールが来ました。

その後です。・・・

 

 栗城史多さんとは、仲良くして頂いていました。

「園長先生」と呼ばれていました。

 交流登山も、一緒に何回か登っています。昨年は、大山でしたが、私が仕事が多用でしたのでいけませんでした。今となれば、悔いが残ります。無理して行けばと。

 私が最後に、栗城さんと会ったのは、昨年 11月23日 大阪・高槻現代劇場 「しもやん・栗城史多・白駒妃登美・中村文昭 講演会」を主催したときです。

この時、栗城さんが、私に言いました。「エベレストに登頂すれば、夢保育園、ユメ保育園に無料で行き、子どもたち、保護者の方に講演します」と。今でも忘れません。この時の、内容をブログにもした記憶があります。

 懇親会も、普段は、参加されないことが多いのですが、この時は、参加して頂きました。

 一昨年は、「栗城史多・しもやん・中村文昭」講演会 11月20日におこないました。

今年は、「フカキヨ・しもやん・栗城史多・中村文昭」講演会 11月24日を予定していました。チラシも、出来ていて、あと 栗城史多さんの

確認待ちでした。

 今後の事は、講演会スタッフと相談していきます。

しかし、私は決めています。

私の役割でしょう。

栗城隊長は、亡くなりましたが、志は、伝承・伝達していきます。

アウトプットです。

 

 「否定の壁」

この話を栗城さんは、よくしていました。

 栗城さんが、エベレストに挑戦する姿が見せる事により、勇気を沢山頂いた人がおられるでしょう。

栗城さんは、エベレストに挑戦

一般の人も、「見えない山に登っている」

それぞれに挑戦しているのです。

 私も、否定の壁を何回も経験しています。マイナス言葉を聞きますと、モチベーションが下がります。こういう方は、そういう成功体験が少ないのでしょう。出来ない、無理と思っているのです。

今、私の仲間で、否定する人は、一人もいません。そんな環境におらして頂いています。こんな世界があったのかと、一般の方は、理解しにくいかも知れません。夢が、現実に、どんどん叶っていくのです。出来ると、思い込んでいるからです。

 

「酸素があれば何でも出来る」

栗城史多さんの名言です。

栗城さんは、単独無酸素で、毎回 エベレストに挑戦していました。

酸素ボンベをつけないのは、無謀なのです。7000m,8000m 飛行機が飛び高さです。酸素も地上より少ないのです。

こんな、条件をあえて、厳しく作っているのです。

 だから、酸素があれば、その苦しみから比べますと、楽なもんです。何でも出来るのです。

・・・

 

 

 登山で、事故が多いのは、登る時より、下山ですと、よく栗城隊長が言っていました。

この下山の時の出来事です。

本当にひにくです。

 

午後から、仕事が出来る状態ではありませんでした。

本当に、ショックです。

悲しいです。

 

「死」というものは、誰にもわかりません。

だから、今を大切に生きるのです。

明日、死ぬかも知れないのです。若いからは、関係ありません。

栗城史多隊長 35歳の若さです。

あー・・・

 

『栗城史多 隊長 今まで、ありがとう!  エベレストより高い、天国でゆっくりして下さい。』

栗城隊長の志を引き継いでいきます。

夢は、死んだら終わりですが、「志」は、後に残っていくのです。

 

「夢 叶う」

事務所の色紙に書いてあります(by 栗城史多)

 

 ご冥福をお祈りします。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

通山保育園ブログ

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

訪問者数

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM