『三性の理』(仏教哲学)二元論でなく、「無記」 (価値観、考え方、固定観念、想いこみを捨てる)

  • 2018.06.10 Sunday
  • 14:34

ユメ小規模保育園です

6月10日(日)

曇り

こんにちは

 

今日は、日曜日です。

 

 横峯吉文理事長が、よく言われます。

「ヨコミネ式は、誰でも出来る」

これを付け加えますと、どの先生でも出来るということです。

理事長が言われますが、「おばちゃんでも出来る」 この言葉は、誤解があるかも知れませんが。

「素人でも出来る」これもよく言われます。

 ヨコミネ式を知らない人は、教えられるかな? 不安になったりします。

体操指導が出来るかな?

・・・

 教えないのが「ヨコミネ式」です。

教えて、何とかするものでないのです。

心の、やる気意欲好奇心 を引き出すことが一番大事なことです。

子どもに、「その気にさせる」ということです。

その結果、学習、体操、音楽等が出来るのです。

 方法論で、無理やり、子どもにやらしても駄目なのです。これは、形だけです。

子どもを、その気にさせることを考えないといけないのです

 そうしますと、どうしたらいいのですか?

すぐに答えを求める傾向が一般的にあります。

 以前ブログに書いたと思いますが、方法論では解決しないのです。

例えば、ダイエットの本。

いろいろなダイエット方法があります。

これと同じことです。

何々をすれば、ダイエット成功

方法論だけ求めても、ダイエットがうまくいかないでしょう。

本気で、その気になれば、ダイエットがうまくいくのではないでしょうか。

本質です。

 本が良く売れる本は、このような方法論を書いているものが多いです。

しかし、方法論でない、目に見えない、これとは、まったく関係ないようなことが書かれている本が、本質を表しています。こちらの方が大事なのです。根っこです。

 

 想いがあれば、ヨコミネ式の指導が誰でも出来るということです。

テクニックや方法論ではないのです。

素人でも大丈夫なのです。

 

 よく、無理とか、出来ないとか言う人がおられます。

無理という事を、自分で決めているのです。 本当は、やれば出来るのですが

これは、今までの環境から判断しているのです。

小さい時の環境から、大人になるまでの環境が、人をつくります

大人になりましても、衝撃な出来事や、普通では会えない人と会ったりしますと、変わっていくチャンスがあります。

すなわち、ご縁です。

 

 「無理は人がつくるもの」出来ない理由を言うのでなく、出来る事を考える

 

 頭で考えていることが行動に表れます。

×無理、出来ないと思っている人は、視野(心)が狭いので、マイナスの情報しか拾いません。結果、出来ないのです。

◎出来ると考えている人は、視野(心)が広くなりますので、プラスの情報を拾います。だから、不可能や逆境からも出来るようになるのです。

また、応援して頂ける方が必ず出てくるのです。

「生きる仕組み」です。

 素直が一番です。

言い訳や出来ない理由を言ってますと、本当の幸せがやってこないでしょう。同じことを繰り返しますので。

お金があるから=幸せ ではありません。 幸福度は、違います。

お金がない=幸せ こういう方も沢山おられます。

お金持ちより、ご縁持ちです

 

 固定観念、想いこみを捨てますと、新しいものが発見できます!

モノの考え方です。

無理は、人がつくっているのです。想いこみです。

何故、無理? 誰が無理と言っている?

 こうしたら、出来る!

想ったことは、実現するのです。

潜在能力顕在能力の関係です。

脳は、自分でコントロール出来るのです。

逆に、正しくない情報でも洗脳されるのです。気づいていないままに。

 しっかり考えてる方は、こういう情報には左右されません。正しい情報を持っているから、自分軸が出来るのです。

正しい情報を得るためには、本を読んだり、勉強をしていかないといけないでしょう。その中で、正しいことが、はっきりと見えてきます

学校の勉強では、教えてくれません。学校で習うことがすべて正しいものではありません。これも、正しい事実がわかりますと、こういうこともわかります。学校でも、知らない間に洗脳されているのです。学校で習ったことと、実際に違うことが多いです。特に歴史がそうです。

私も誤解していたことが沢山あります。戦争のことや天皇のことなど。

 インターネットの情報は、情報量が多く、どれが正しいかわからないと思います。あくまでも、参考です。

 

 今の現在、便利な時代です。

多くの情報に、知らないまま洗脳されていることが多いです。

天気予報なども、そのひとつです。気づいていないでしょうが、洗脳のひとつです。

先に、情報が入り頭で判断しています。実際、自分の肌で感じる前に。

例えば、花粉が多いとか天気予報で流れますと、そう脳が頭で想いこみます。体で感じる前に、頭で判断しているのです。だから、洗脳なのです。

この裏では利権にも関わってくるのではないでしょうか。花粉の情報が流れますと、マスク等が売れるのではないでしょうか?

 テレビショッピングなんかも、心理的なことをうまく使われています。すぐに、注文しないといけないになるように仕組化されています。

おまけ、限定何品、値下げ、申し込みは〇〇時まで、・・・

よくこういうことも冷静に考えましと、洗脳されていることがわかると思います。

本当に必要な物は、購入すればいいと思いますが。

 世の中、こういうことが沢山あるのです。

しっかり考える力を持っていますと、こういうことに左右されません。「考え方」です

こういう考え方を持たれている方が、5%とも言われています。

この5%が6%になりますと、1%増えるだけですが大きく違ってきます。

「生きる力」と言う言葉が、学習指導要録などで出ますが、これを紐を解けば『考える力』ではないでしょうか。

正しい情報を自分で見つけ出し、正しい判断をすることではないでしょうか。

正しい判断は、善、悪とかの二元論でありません。

 例えば、仮面ライダーが善、ショッカーが悪とします。ショッカーの子どもから見ましたら、仮面ライダーは悪で、お父さんのショッカーは善です。物の見方、考え方です。

 子育て、保育、教育等 考え方が大事なのです。

奥深いです。

 ヨコミネ式も、良い悪い(二元論)という意見があるのと同じようなものです。この元は、考え方です。

 

『三性の理』(仏教哲学)二元論でなく、無記 (価値観、考え方)

色を付けて判断しない。

先程の、仮面ライダーが例です。

 例えば、「包丁は」善ですか?悪ですか? (料理に使えば。 人を傷つけることに使えば。)

ツバメは、?・・・

”三性の理”の無記により判断することは、大切です。固定観念、想いこみを捨てるということです。先程も書きましたが。

こういう考え方で判断出来ますと、視野(心)が大きくなります。

 

ヨコミネ式の奥深さも理解できるのではないでしょうか。

 

今日も一日楽しみましょう!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

通山保育園ブログ

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

訪問者数

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM