知覧特攻平和会館

  • 2018.10.11 Thursday
  • 22:43

ユメ小規模保育園です

 

以前のブログで書いていました。

今年、

”抻了海凌斥諭壁抻療仍魁

∪菫帖覆墓参り)

先人(知覧)

この感謝です。

 

 今回は、伊崎田保育園さんの運動会もありました。次の日が、祝日ですので、指宿温泉に泊まり、この知覧に行くことが

大きな目的でした。

 

 この知覧は、2年前にはじめてきました。今回で2回目です。

知覧特攻平和会館

 17歳、18歳、19歳、・・・一番上で32歳

若い少年飛行隊が知覧では多かったのです。今の、高校生、大学生です。

 真珠湾攻撃から大東亜戦争が始まりました。

・・・

敵から日本本土の上陸が考えられました。これが沖縄です。

この時、とった作戦が『特攻』です。

片道の燃料で飛行機に爆弾を積んで、敵の戦艦等に体当たりです。

『必死』・・・必ず死ぬという意味です。

今での、これ以外の意味合いで使われています。当時のことを考えますと、この必死という言葉が軽く使えません。

今の必死は、死にません。

 知覧特攻平和会館には、多くの遺書が展示されています。

これを読んでいましたら、涙が出てきます。

 遺書で、一番多いのが、母親に書いたものです。それだけ、母親の影響力があるのでしょう。

2歳、4歳のお子さんに書いた遺書もあります。当時の学校では、カタカナを先に教えていました。だから、お父さんは、今は、読めないが、

字を習った時に読めるように、すべてカタカナで書いたものもありました。

 教官が、若い者が特攻で沖縄に行きます。これを見れないので、教官自身が特攻を志願します。しかし、認められません。何度も志願します。これを見ていた奥様が、私がいるので、旦那様の特攻の妨げになっていると考え、お子さんと一緒に川に飛び込んで身を投げます。

旦那様のことを思っての死です。このこともあり、教官は、特攻に行けることになりました。

 婚約者にの遺書も、何とも言えない気持ちになります。

 

 戦争は、絶対にしてはいけないことです。

 特攻という作戦もしてはいけないでしょう。

 

 当時の特攻隊の人達は、自分よりも、お国のためを一番に考えられています。そして、家族です。

自分が沖縄に行き、大きな戦艦に突撃することで、日本、家族を守ったのです。

自分が死んでも、後の人に任せたのです。73年前に。

 それから日本は、大きな復興を遂げました。これは、特攻隊を含めて、戦争で犠牲になられた人がおられたからです。

これを忘れてはいけません。

 現在、日本では、『平和ボケ』をしています。いろいろな問題が起きています。

今、日本人の心は、どこにいったのでしょうか?

戦争はよくないですが、日本人の心は、素晴らしいものがあります。

 その一つが、戦後、教育もおかしくなってきているのです。

日本の素晴らしい教育、修養がありましたのに、GHQに壊されたのです。逆に、これを恐れていたのでしょう。(精神力等)

 

 2年前のブログの内容を覚えていませんが、日本人なら、絶対に知覧特攻平和会館に行った方がいいでしょう。

遺書からの沢山の気づきがあります。家族愛も感じられます。こういうことが、現在、薄れているのではないでしょうか?

 特攻隊は、明日、出撃するとわかっていましても、写真では、みんな笑顔です。これは、残された家族のことを考えてでしょう。

泣いている写真ですと、後に残された家族が悲しむと思ったのではないでしょうか?

朝日新聞の記者が撮った写真 明日、沖縄に出撃の前日です。17歳からです〜

 

三角兵舎で、泣いていた人もいたようです。必死なのですから。

 

もし、自分の息子さんが、特攻隊で明日出撃する。どうされますか? 当時は、軍の秘密ですので、家族には知らさないようです。

もし、自分が特攻隊であれば、残された、奥様、子どもさんをどう思うでしょうか? また、逆の立場でしたらどうでしょうか?

・・・

 

いろいろ考えさせられます。

 

今、それぞれの人に、悩みや試練があるでしょう。

しかし、この特攻隊の人達と比べたらどうでしょうか? 自分では、大きな問題と考えていましても、特攻隊の立場から見ますと小さな

問題ではないでしょうか。

だから、何でも出来ます。

 ここに行けば、日本人の考え方も見直されます。

今、生かさせて頂いてる、原点ではないでしょうか。

 

今の日本人が、先人の死を無駄にしてはいけません。個人のためでなく、お国のために亡くなられたのです。

未来に託したのです。

その心を、伝承・伝達していかないといけないでしょう。

戦争は、してはいけません。

 

特攻隊の心

家族愛

日本の心

 

今の日本があるのは、先人のお蔭です。

ありがとうございます。

西郷氏の庭園 知覧武家屋敷 昔は静かな街だったようです。 知覧の飛行場が出来てから変わったようです。

 

知覧のお茶も有名です。鹿児島は、お茶が美味しいです。ペットボトルのお茶も味が美味しいです。違いがすぐわかります。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

通山保育園ブログ

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

訪問者数

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM