斎藤サトル氏 『運気好気5つの法則』

  • 2013.06.09 Sunday
  • 18:48
 高槻市ユメ保育園です 072-692-0577


こんばんは。

 本日は、仏絵師 天井画画家 齋藤サトル氏の『運気好気5つの法則』講座がありました。

小林正観さんの一番弟子さんです。

小林正観さんは、斎藤一人さん(納税日本一)が3本の指に入ると認められて方です。

嬉しい、楽しい、幸せと喜ばれる存在になろうと唱えていました。


 サトルさんの講演も良かったです。

◎笑顔

◎美

◎尊

◎感謝

◎日昇

が柱でした。


☆目標、ゴールの向こう側を見る!

(小林正観さんに、画家でデビューする前に、うれても威張らないようにと言われたそうで

す。)仲間を大切にする。 謙虚である。


☆ユダヤ人のことわざ「賢いものはよく笑う」


「美」ひつじと大きい  表情が大きい  喜ぶことを大きくする

「毒」ブス 表情がないこと

パーツではなく表情が大事である。

「義」喜びを感じる 徳を高める


・子どもがぐれる特徴

 
×子どもが挨拶してもお父さんが新聞を読みながら挨拶をしている

○新聞を綴じて子どもと向き合う

※ハートで相手に向ける


幼児期の体験を話されていました。

3歳の時に、お父さんとお母さんが喧嘩されていたみたいです。

お母さんが先生、お父さんも珠算で有名らしです。家庭がこのような環境だったようです。

3歳ながら、勉強が出来れば不幸になると思われていたようです。

その夫婦喧嘩が理論的に行われていたようです。

その結果、思春期にぐれたようです。

(幼児期に子どもの前で夫婦喧嘩を見せない方がいいでしょう。いつも仲良く! 大人の

都合が子どもに影響するのです。)

・・・

反抗していたある時、お母さんからこう言われてようです。

「師会わせ」(しあわせ)を自分で見つけなさいと。

そこで、小林正観さんという『師』(メンター)に出会うのです。


「尊」みこと  命が生まれる

相手を尊敬する

そうするとその人の特徴がわかります

スポーツでは、その結果勝てるのです。


◎縁起の良い顔をしていると仕事が入ってくる


感謝の気持ち ポとネ→究極のポ ありがたし


謝る


 箇条書きで書いていますので意味がわからないと思います。

良い話を聞きまた、勉強になりました。

学びは、大切です。

学校の勉強は役に立つことが少ないですが、社会での勉強は、即実践的に役立ちます。

子どもと関わる上で大事なポイントを再確認出来ました。






天照大神

この絵を各5分で描きあげられました。 描くところを見ていましても素晴らしい絵です。



絵本を買いました。  監修 小林正観氏 絵 齋藤サトル氏


表紙の裏にサインを頂きました。


子どもたちへ

 明日から、「トイレの神様」この絵本を大事に読んで下さいね!



斎藤サトル氏と記念撮影です

感動の中村文昭氏 講演会

  • 2013.06.08 Saturday
  • 23:57
 高槻市ユメ保育園です 072-692-0577


こんばんは。

 今日、昼から保育園を抜けまして、中村文昭氏の講演会に行ってきました。

夕方に戻って来ました。


 摂津市のJCが主催でした。

500人以上満席でした。

2時間少しの時間があっという間でした。

少し延長してお話して頂きました。

 今年、ふみちゃんの講演会三回目ですが、またまた感動しました。

泣けますね。感動!!!

「人間力」がテーマです。

自分のことより、他人が喜ぶことをおこなうことです。

 中村文昭氏は、年間300回以上全国を講演会で回られています。

講演会以外にもいろいろ活動されています。
 東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう) 受賞
7年に渡る「耕せにっぽん!」の活動が認められ、民間最高の褒賞「東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう)」を受賞。
東久邇宮賞は「三大宮賞」の一つで知的財産や発明の振興に努められた、有名無名の人々を表彰するもので『大衆のノーベル賞』とも言われております。



☆師匠直伝出会いを生かす4つの鉄板ルール

◎返事は0.2秒
あなたに対してNOはない!素直な心 0.2秒の返事で相手の心を掴め!

◎頼まれご事は試され事
人から頼まれてことをされたら 試されていると思って 相手の予想を上回れ!

◎出来ない理由は言わない
大抵の事はできなかったのでなく やらなかった結果!

◎今できることをやる
「そのうちやる」は永遠にやらない とにかく探して動き出せ!


会場に女子中学生OR女子高校生が来られていました。中村文昭氏がその女性に対して

アドバイスしていました。

もし、夢があったら試練を乗り越えた人に相談するようにと。

そういう人だと、否定はせずに、応援できることはするよと必ず言ってくれるよと。

その経験がない人は、すぐに無理だとか、否定的なことを言ってくると言われていま

した。

その通りだと私も思います。身近な大人が子どもの夢を潰しています。

それが親であり先生、友達なのです。

どん底を味わった人が世間では大成功されています。

苦労されてことを感謝の気持ちに置き換えてプラスにするのです。

そういう人にアドバイスを聞くのがいいでしょう。

しかし、中学生や高校生では、まず身近な人に相談するでしょう。

他、誰に相談していいかわからないでしょう。

今日、折角中村文昭氏の講演会に参加してお人柄とかわかったと思われます。

こういう方に、相談すればどんどん応援してくれるでしょう。

こういう人がいるからとご縁も紹介でまた増えるでしょう。


中村文昭氏は、お子さんでいろいろなことを実験されてきたそうです。

例えば、靴を揃えることを口では言わずに、お父さん、お母さんが靴を揃える見本を

見せてきたようです。

小さい時の習慣で、靴が並べられるようになったようです。

言葉より、親が行動で示すのが早いのですね。

親の必見の話ですね。


息子さんは、極真空手を習っているようです。目的があっておこなっています。

しかし、目的がなく親が無理やりやらせている事例を話されていました。

その通りです。

子ども自身がスイッチが入っておこなっているか。

無理やり子どもが仕方なくおこなっているか。

同じことをするにしても大きな違いがあります。

目的は大事です。


質問です

「今の仕事は何故おこなっているのですか」

「今の学校(中学校・高校)に何故行っているのですか」

・・・


兄さんの話もされていました。

三重県で一番学力の高い高校に行き、国立大学にも合格していました。

しかし、カメラマンになりたいと言い大学には行かず家を飛び出していきます。

有名なカメラマンのところで働けるようになったようです。

月給3万8千円です。

大都会では生活できるお金ではありません。

休みもなく残業手当もつきません。

そのお兄さんは、一回も愚痴を言ったことがなかったようです。

普通でしたら給料が安いとか休みがまったくないと愚痴を言うのが一般的な考えかも

知れません。

悪条件でも働けているのは、目標がはっきりしているからなのです。

世間一般のご飯を食べるために働いているのではないのです。

「何のために働いているか」明確な目的があるのです。


会社、職場の愚痴を言われる方は、「何のために働いてるか」明確な目標がないので

しょう。

すぐに、人のせいにする。上司や同僚、部下の。

自分は悪くないと。

『感謝』の気持ちが足りないでしょう。

感謝していないから愚痴や悪口が出るのです。と私は思います。


お父さんが家に帰って、子どもに「しんどかった」というのが一番最悪の言葉と言われ

ていました。 お父さんが、居酒屋等で会社の愚痴を言い、家に帰りそれを奥さんに

こうやったと話を何気なくしているのを子どもは見て聞いているということです。

いいように子どもが育ちません。


親が人の悪口、陰口を言いますとその子どもも同じことをするでしょう。

まず、自分が悪くないと主張するでしょう。

すぐに他人のせいにします。

こういうに育ちます。

私は、こういう親子を教師時代に多く見てきました。

こういう親は、このことに気づいていません。

自分は悪いとは思っていませんので。他人が常に悪いと考えています。

だから、残念ですが子どももそうなるのです。

「感謝」しない親でしたら、子どもも感謝しなくなります。

教師時代の経験から、親を見れば子どもがわかります。

子どもを見れば親がわかります。

鏡ですので。



他もいい話が沢山ありました。

会場を出ましたら、みなさん「いい話やったね」と言われていました。

本でも勉強になりますが、中村文昭氏の講演会に行く価値はあります。

是非、機会がありましたらお話を聞きに行って頂きたいです。

お奨め出来ます!


講演会以外の仕事で、今後は映画を制作されるようです。

日本の心を伝えていかれるようです。

人が喜ばれることを行っています。

素晴らしいです。


ご縁がありまして、今月、中村文昭氏などと二泊三日で一緒に行動させて頂きます。

また多くの気づきがあるでしょう。

教育の原点もここにあります。

TTPして人間力を学びます!

今からワクワク楽しみです!



講演会の話と私の考えを述べました。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。

内田達雄氏&辰巳明弘氏コラボのセミナー

  • 2013.06.03 Monday
  • 23:47

高槻市ユメ保育園です 072-692-0577


 こんばんは。

 本日は、内田達雄氏&辰巳明弘氏コラボのセミナーに参加していました。

会場が熱気でいっぱいでした。

企業の新人男性、女性共参加されている方が多かったです。


 辰巳明弘先生は、年間340回の講演会、セミナーを全国回られています。

行列が出来るセミナー講師としても有名な方です。

 今日お会いするのが3回目です。

「赤松さんいつもありがとうございます」と名前も憶えて頂いていました。

 
 

 内田達雄さんは、何回もお会いしています。

ありがとうカウンターを子どもにたちに無料配布しています。

全国の小学校で講演会などに呼ばれています。

ありがとうカウンター100万個無料配布が目標のようです。

ありがとうカウンター、ストラップ等の経費をいれましたら、100万個配れば3億円かかる

ようです。(300円×100万個=3億円)

これを無料で配るので凄いです。自分のことより地球がご機嫌で子どもたちが幸せになっても

らいたいと考えています。

 内田さんには、セミナーをはじめ、いろいろなところでお世話になっています。

本当に感謝しています。


 お二人とも、感謝、ありがとうが大事だと言われています。


 辰巳明弘先生が、ありがとうの原点は、

『笑顔』

『元気』

『素直』

と言われていました。

シンプルですが大事なことです。


※ プラスに物事を考えますと、

 
    成功の保証はないが、成長の保証がある!


「でも」「だって」「どうせ」(3D)マイナス言葉を使わない
   ↓
チェンジ(変わる) チャレンジ(挑戦) コンティニュー(続ける) 3Cに変える


・左脳と右脳の使い方


 辰巳明弘先生の話より、グループで体感するワークを主におこないました。

体験することにより多くの気づきがありました。


 内田達雄さんは、

※ご機嫌であれば、人生何もかもうまいこといく!

夜寝る時、にやにやして夢が叶ったことを想像して寝ると、脳にいい影響を与える。
(脳のメカニズムは省略)

 これらもシンプルですが、非常に大事なことです。


 講演先のある小学校で、女の子の夢がキャビンアテンダントになりたいとありました。

お母さんから、それは無理と言われて夢を諦めていたようです。

しかし、ありがとうカウンターの講演を聞いて、これをおこなっていれば夢が叶うことがわか

ったので、頑張りますと前向きになったようです。


 親が自分の子どもの夢を潰すパターンが多く見られます。

子どもの可能性に蓋をしているのです。

親は、子どもがどんな夢を言ってきても、「絶対になれるよ」と答えるべきだと私は思いま

す。

親の一言で、子どもの人生が大きく変わるのです。

それだけ、言葉は大事なのです。

だから、普段からいい言葉を使わなければいけないのです。


 今回いいセミナーでした。

保育士にも是非機会がありましたら参加してもらいたいです。

人間力が上がり、保育力も自然にUPするでしょう!

人生のプラスになります。

願望の相対性理論 ワンディセミナー

  • 2013.05.27 Monday
  • 01:10
 高槻市ユメ保育園です 072-692-0577

こんばんは。


 昨日は、願望の相対性理論のセミナーに参加していました。

内田達雄氏 山田真郷氏

山田真郷氏は、5月31日 11時〜NHK生放送に出られます。


(地図を作成しました

・人間関係
・仕事
・健康、趣味
・そのご褒美

◎叶えたい夢
◎特技
◎今までに叶った夢
◎その夢が叶ったら抱いていそうな夢

△曚瓩蕕譴燭い海肇戰好硲械

E按貪に楽しんで幸せになるワークショップ(満足度チェック)

ごきげんの法則

た誉献團薀潺奪鼻兵己理念、信条、モットー→人生目標→人生目的→人生計画→日々の

  予定、習慣、行動)


 気づきがあった一日でした。

大変勉強になりました。

自分自身の棚卸です。

やはり、外に出ないと駄目ですね。


 懇親会を含めて新しいお友達が出来ました。

オリンピック選手(北島康介氏 マラソンのきゅうちゃん)を指導された方もこられていまし

た。機会がありましたら、本園を見学したいと言われていました。有難いお話です。

繋がりました。

 ある市会議員さんも来られていました。教育の話で盛り上がりました。帰りも途中までご一

緒しました。こういう議員さんが増えましたら、町も良くなりますね。

 誤解して欲しくありませんが、地位や名誉があるとかでなく、みなさん腰が低く謙虚な方で

す。

良い人です。

類友の法則です。

 お友達の輪がまた広がりました。

夢は一人では叶わないことがあります。しかし、仲間が応援して『夢』が叶っていくのです!

即ち、ユメ保育園の応援者も増えました。

 ちなみに、本園のブログを見ていますと言われている方もおられました。


 内田達雄さん 山田真郷ちゃんありがとうございました!

皆様方、ありがとうございました。

内田達雄氏&山田真郷氏セミナー

  • 2013.05.26 Sunday
  • 02:43
 高槻市ユメ保育園です 072-692-0577


 こんばんは、

今日は、日曜日です。

一日セミナーに参加します。

毎日が勉強です。

気づきで人は成長します。


内田達雄&
山田 真郷セミナー ↓



あの伝説のセミナー、連続開催、願望の相対性理論ワンデイライブセミナーをセミナールームLINKにてフルバージョンにて!

夢のたなおろし
人生のピットイン

丸一日かけてじっくりと自分と向かい合う機会をご提供します。

人生を変えるアイデア100連発!!

このセミナーでは皆さんと一緒に、

/誉戸念を明確化
⊃誉弧榲を明確化
人生目標を設定
た誉厳弉茲領案
テ々の実践

ふんわり願望、ざっくり目標から始めて、
けらけら笑っているうちに、気がつけばワークッショップ!!

夢がいとも簡単にかなってしまうのです。

練りに練られた最高のテキスト
夢をかなえる20コメール
対談CDかたりあげ・ど・らいぶ
そして夢をかなえるヒミツ道具 ありがとうカウンター

お土産もいっぱい!!

なんしか、目からウロコ、
夢のある方も、ない方も、
絶好調な方も、そうでない方も、

とにかくびっくりします。

気がつけば成幸徹楽!!
(徹)底的に(楽)しんで(幸)せに(成)る。

たった一日、されど一日、
必ずやご満足いただけます。

学んだこと

  • 2013.05.05 Sunday
  • 00:50
  高槻市ユメ保育園です。 072-692-0577


こんばんは。


 一昨日のセミナーより

箇条書きにしました


 多賀一郎先生

絵本の紹介がありました。

「お母さんの目」あまんきみこ文

「ありがとうフォルカー先生」パトリシア・オラッコ

「あしなが」あきやまただし

「あのね」かさいまり

「ぴっけやまのおならくらべ」かさいまり

「ふでばこのなかのキルル」松成真理子


 堀川真理先生

弱い 痛い 出来ない 辛い 悲しい 気持ち

この経験が他人事でなく、自分事に

 生徒に4つの約束 ・話をよく聞く ・物を大事にする ・陰口を言わない ・相談する

「共感力」 痛みがわかる 感情

『何が伝えたいか』

「表現力」

◎自分の心から感じることは嘘はない

実際にある授業を見せて頂きました。個人情報もありますのでブログでは書けません。

感動しました!


 赤坂真二先生

年間100以上の講演があるようです。

 学級つくりの極意

小学校で1学期にやっておかなければいけないことをしなければ

2学期に荒れてくる (10、11月頃)

・学級つくりは1学期に  学習は取り返しがつくが、クラスつくりは取り返しがきかない

9歳の壁の問題

・誉める ⇒  努力を認める  意欲を認める  喜ぶ

・好きなことを一緒に共有する

・想いが行動をつくる

・集団をつくる → チーム化する  学び 集い(子どもが学校に行きたがる) 癒し

  課題解決体験 合唱コンクール

・チームになる準備 → 認知 行動 感情

 特別活動が子どもたちは大好きです。→思い出に残る

行事をこなすだけでなく、本来は、特別活動から学ぶもの

・クラス運営が上手な先生は、運動会が終われば目標達成でなく、その後のビジョンがある!

・多くの小学校の先生を見ている中、お茶を出す(気配り)、ごみを沢山拾う 先生がクラス

 運営が上手である

・チームを 群れ(ひつじのような)⇒団(団体スポーツの感じ)になるように

      隊(自衛隊のような)にしては駄目

※言うことを聞いてることと、育っていることとは違う
 (外的コントロールで成功しているだけ)

☆世の中に貢献するため

 〜プロとアマに違い〜

◎プロは負荷をかけてトラブルを起こす
 
  そして、子どもに問題解決させる ⇒ 『生きる力』
  
  経験させる

◇アマはトラブルを起こさないようにする


力をつける先生
・OUTプットする(責任がある)
・仲間を持っている
・師匠を持っている(メンター)


研修会参加→押し付けは駄目 身に入らない(○○委員会の研修など 自分の意志でない )
       自分から(意欲)本物の学び(今日の研修会 休みの時間にお金まで出して)

・先生には、父性・母性がある。 その先生の個性を否定しないこと。



 懇親会で私の横に座られました。

八巻寛治先生。サプライズです!

有名な方と後で知りました。皆さんの反応が凄かったです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B7%BB%E5%AF%9B%E6%B2%BB (ウィキペディアに載っています)

やまかん日記 http://ameblo.jp/yamakan1213/
       http://blog.livedoor.jp/yamakan1213/

書籍も沢山出されています。

幼稚園や保育園にも全国まわられているようです。

お人柄が良いです。

謙虚でした。

話もしやすく喋りやすかったです。

ご縁を頂きました。

ありがとうございます。


 参加されている小学校の先生も良い先生ばかりです。

赤坂先生が言われていましたように、休みにお金まで払って一日時間を作っていますので。

悪い先生は(表現が悪いですが)、態々、セミナーに参加しないでしょう。(笑)

東京など遠いところからも来られています。交通費と宿泊費だけでも大変だと思います。

主婦の方も来られています。

皆様熱心です。

こんな先生に教えられる児童は幸せです。


 ユメ保育園にも良い先生がいます!

子どもたちの為に労を惜しんでいます。

休み中も、子どもたちのことをきっと考えていると思いますよ。

早くゴールデンウィークが明けて欲しいのではないでしょうか?

早く子どもたちに会いたいと思いますよ。
   

栗城史多氏  夢は、叶う。  『一歩を超える勇気』

  • 2013.03.20 Wednesday
  • 19:26
 こんばんは。

 昼から、栗城史多さんの講演会に行っていました。

今は、園に戻って来ています。

魂に火をつける!伝説の講師が大阪にやってきました。

 チラシ紹介↓



 栗城史多さんは、単独無酸素で世界の山に登られています。


 いい講演会でした。

 中村文昭さん、大嶋啓介さんが栗城君の後には、講演が出来ない程素晴らしいと言われてい

ました。

 しもやん・栗城史多氏の対談CDでもいい内容を話されていました。


 今日、感動の講演会でした!!!

少し、講演会の内容を紹介します。


 みなさんは、『見えない山登りをしています』 目標、夢

ここから始まりました。

 栗城史多さんのこれまでの人生経験を話をして頂きました。

山登りをおこなったきっかけは、彼女にふられたことから始まったようです。

ニートをした経験もあるようです。

エベレストを登るルート、季節によりましてぜんぜん違うようです。

春は、800人位が登られるようです。

あえて、厳しい秋に挑戦しておられます。

気温が低い。日照時間が短い(行動時間が短い) 20から40mの風がふく


 山を途中で下山した時に、人から「失敗したなあ」と言われたみたいです。

これは、失敗ではない。

『本当の失敗はすべてのことを諦めること』
(心がおれていなければ、失敗でない)

この失敗の言葉に?

失敗しないようにしようと、学校でもそういう傾向がある

◆チャレンジしない方が失敗である


◎『すべてに感謝ありがとう』

苦しみを乗り越えられるか

逃げても追いかけてくる

苦しみとお友達になる

苦しみに感謝(ありがとう)

ひと言に、「ありがとう」

苦しみが喜びに変わる


 ・夢は、どうやって叶うか

資金もコネもはじめはなかった。

毎日していたことは、10回自分の夢を言葉にしていた。

現実に、協力者が表れた。

 この前の山に登った時に手と足、鼻が凍傷になりました。

どこの病院に行っても指を落とさなければいけないと言われたそうです。

指が凍傷になった為、心臓や脳に酸素を送ってくれた指に感謝していました。

指は、命を救ってくれた家族です。

だから、指を落としたくないと言い続けていますと、東大の漢方の先生がなんとかなると診て

頂いたようです。そして、だいぶよくなってきているようです。


 父親から、みんなが世界の山に登るのを反対した時、

『お前を信じているから』

と言われたようです。

この言葉に救われてようです。


夢は、木の根っこ

失敗しても落ち込む必要はない。

枝がわかれているので。

大人が「出来ない 無理 ばかだなあ」は、子どもの夢の成長を止めている。

※大人が子どもたちに夢を語る人が少ない


 父親から凍傷で帰ってきて電話をしたようです。

父親が「おめでとう」と言われたようです。

・生きていて
・苦しみを体験


 本当に、人生にプラスになる話でした。

子どもたちの夢を叶うためのヒントにも沢山ありました。


一歩を超える勇気 栗城史多著


栗城史多氏のサインを頂きました。 


 何百人がサインに並んでいました。会場を1周するほど行列でした。

私は、1番にサインを頂きました。

この積極さも、周りの様子をみるのではなく、サインをもらうという目標に向かっていたから

でしょう。

昔は、こんな性格ではありませんでした。私も、少しずつ変わってきています。


 手が凍傷で包帯を巻かれていました。サインありがとうございました。

勇気と元気を頂きました!


 宣言します。

今年は、「富士山」に登ります!

日程も既に決まっています。

栗城史多さんが言われていましたが、大人が子どもに夢を語れる人が少ないと言われていまし

た。学校関係の講演会でも感じられているのでしょう。

 言葉では、何とでも言えます。

しかし、実行が大事なことなのです。

子どもに夢を与える大人にならなければいけません。

第一弾が、「富士山」登山です。

「出来ない 無理 ばかだね」と言わない大人が増えて欲しいです。

子どものために!!!

『 出来る 出来る 必ず出来る! 』


保育セミナー

  • 2013.02.10 Sunday
  • 12:17
こんにちは(^^)d

今日は、いい天気です。

昨日は、昼から夕方まで、園を抜けまして船井総合研究所主催の保育セミナーに参加してきました。
対象は、社会福祉法人、学校法人以外の認可外を対象としています。こういうセミナーは、全国殆どありません。それが大阪で開催されましたので、ラッキーなので参加しました。九州や中国地方からも参加されていました。
二年前、東京に船井総合研究所主催の保育セミナーに参加しました。この二年の間でもいろいろ変化しています。時代は、動いていますので。
他の保育業界の話を聞いていますが、一番信用出来るのが船井総合研究所だと思います。政府との繋がりもありますので、正しい法律の理解があります。また、データを沢山持っています。
開園前に他の保育コンサルタントの会社にお願いしましたが、こちらの思うように行きませんでした。
これから、開園する方には、アドバイス出来ます。

昨日は、保育園、幼稚園の今後の展望、消費税が上がる時に新制度が出来ます。その説明などを聞きました。
経営的に明日からすぐに行うことも話が聞けまして参考になりました。
私の一番の志事(仕事)は、ユメ保育園を継続させることです。保育園がなければ、子どもの笑顔が見られません。
だから、このような保育セミナーの勉強会は大事なことなのです。
すべて、子どもに繋がるのです。
ユメ保育園があるので、子どもが来てくれるのです。子どもが来てくれますので、職員の給料が払えるのです。
当たり前でなく、感謝しなければいけません。

今日も一日顔晴りましょう!

セミナーから学ぶ 子育て論

  • 2012.11.18 Sunday
  • 23:16
高槻市ユメ保育園です。  

本日、『り’あさ』さんで、面会交流支援の現状と課題というテーマのセミナーに参加しま

した。

 内容は、第一部 離婚後の親子の絆を結ぶ〜ビジテーションサポート〜

  
      片山登志子先生(弁護士 大阪家庭裁判所 家事調停委員 など)

     第二部 離婚 子どもに与える影響〜100%子どもの立場に立つ〜

      江崎路子先生(名古屋市立西部医療センター 小児科神経外来 など)

 題目だけでしたら、「離婚」の言葉がありますが、離婚問題だけではなく、子どもに関わ

ることでしたので勉強になりました。

 読売テレビの取材も来ていました。今度、放映されるようです。

関東からも有名な大学教授も来られていました。名刺交換はさせて頂きました。

注目を浴びるセミナーのようでした。

地元、高槻市で行われたことが有難いです。


 よく、子どもの目線でと言われます。

子どものことを見えているのか。

どれだけ、子どもと向き合えるかです。


「親学」これは、学校では習いません。

しかし、子どもが出来て子育てをおこなわなければいけません。

現在、メールなどが便利になり、人とのコミュニケーションが昔と違いまして方法が変わって

きています。

昔でしたら、子どものお友達の家に足を運んだりしてコミュニケーションをとっていました。

今は、その家に行かなくてもメール1本で済みます。便利になりました。

錯覚しますが、メールはコミュニケーションの道具ではないと思います。顔を合わせていませ

んので。

大人がこのようなことをしていますので、子どももこのようになってきます。

 メールは必要だと思います。

しかし、本当のコミュニケーションは、人と人から生まれます。ここを忘れてはいけません。

 親学は、おむつを替えるなど子育てのことだけでなく、基礎になる部分が大事ではないで

しょうか。

躾の三原則のような。

 これから、「親学」講座やセミナーが増えますと、子育ての為になるのではないでしょう

か。

 そう感じました。


◎お母さんの感情と奥様の感情の違いはおわかりでしょうか?

子育ては、お母さんなのです。

奥様は、個人的であって子育てでなく感情的に怒っているだけですと、子どもには伝わりませ

ん。

子育てをしなければいけません。怒るのでなく叱らなければなりません。これが、家庭教育で

す。

怒ると叱るの違いは、以前ブログで紹介しています。


 講師の先生が言われていました。

子どもは、親のことを気を使っていますと。

なるほど、その通りだと感じました。

子どもをメッセンジャーにしてはいけないと。

気軽に、子どもから喋るようにする環境がやはりいいみたいです。

聞き出すのではなく、子ども自身から言えるようにすることです。

子どもの喋ることをまず、否定してはいけません。そのことにより、親にはこれからも自分か

ら喋ってくれます。

親からの押し付けたものの言い方は、子どもは拒否するようになります。

親と喋らなくなったり、嘘をつくことが出てくることもあります。

 私の教師時代に生徒でもいましたが、親の前ではお利口さんにします。陰で、陰湿なことを

しています。親からしましたら、このことを受け入れません。

よく言われます「うちの子に限って」です。

親は、子どもの本質を知らないのです。

一番近くに長い時間いるのでわかるものではありません。

逆に、第三者の方がこのことを見破ります。それが先生であったりします。

子どもは、使い分けているのです。

要するに、親に気を使っているのです。

親の前では、良いようにする。このような習慣が小さい時期から身についているのです。

幼児期の「溺愛」、「虐待」からそうなることが多いです。



「非行の火種は3歳に始まる」相部和男氏より↓

★非行少年は、幼児期の育て方で決まります。

‥愛  61.9%(内訳 母親69.5% 祖母22.1 父母3.8 父1.3 祖父母1.2 

            その他1.2 祖父0.9%)

∧任  21.8%

I當漫 11.9%

じ靴靴 4.4%


甘やかす      口やかましく注意する   暴力をふるう
        ⇒            ⇒        ⇒ 非行に走る
  
わがわまになる   言うことをきかなくなる  家が面白くない

笑顔の子育て 原坂一郎先生

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 20:22
 『笑顔の子育て』 原坂一郎先生講演会(KANSAIこども研究所)



本日、原坂一郎先生の講演会がありました。

保育士が参加しています。

明日、感想を聞きます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

KANSAIこども研究所      原坂一郎先生 

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「99%の努力はいらない」信長 著
    信長 (05/30)
  • 「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」梅田の紀伊国屋書店、ジュンク堂書店さん
    水堂 (05/10)
  • ユメ小規模保育園(ヨコミネ式教育法) 3月です!
    水堂 (03/01)
  • こどもは、やれば出来る やらせてないから出来ない
    水堂 (02/03)
  • ユメ小規模保育園うんどう会(大阪・高槻市) 楽しみました!!! H28.10.7(金)
    水堂 (10/07)
  • 4月1日 ユメ小規模保育園です
    水堂 (04/01)
  • 今年、お世話になりました。ありがとうございます。
    水堂 (12/31)
  • 縁の下の力持ち
    水堂 (09/25)
  • 子どもたちの為に・・・
    西島俊幸 (09/12)
  • お誕生日会
    水堂 (07/29)

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM